お口に関する話

スポーツと歯

長野県歯科医師会では、コンタクトスポーツ(野球・サッカー・ラグビー等)でのマウスガードの装着を推奨しています。長野県歯では、2005年長野市を中心に開催されたスペシャルオリンピックス冬期世界大会にアスリートへのマウスガードの提供を、今年8月6日にはBCリーグ信濃グランセローズへ贈呈しその後首位争いをしていますが、マウスガードの効用かと思われます。

安全に楽しくスポーツをするために

マウスガードご存知ですか?

ボクシングやラグビーの選手が口の中に入れているのを見たことがある人もいるのではないでしょうか。歯とその周辺組織を保護し、お口のけがを減らすために使われる弾力のある道具でマウスピースのようにお口にいれて使用します。むち打ちの症状を防いだり、軽くしてくれると同時に、脳震盪や脳神経系の損傷から脳を保護する働きが見込まれます。また、マウスガードを装着することにより運動能力の向上も期待できます。格闘技は勿論、幅広いスポーツに有効だと考えられています。歯科医院で製作するものは、歯の型を採って作るため口の中にしっかり固定され、かみ合わせの調整もできますので、かかりつけの歯科医院で相談してみてください。

20080901.jpg