お口に関する話

歯周病(1)

歯周病とはどんな病気? 歯周病とは歯肉、歯槽骨、セメント質、歯根膜といった歯を支えている歯周組織に炎症が起こるなどして、最終的には歯が抜けてしまう病気です。歯がこの歯周組織にしっかり支えられているから、おいしいものを食べたり、楽しく話しをすることができます。 厚生労働省の調査によると、日本人の80%以上が、なんらかの歯周病に罹患しているという結果がでています。近年この歯周病と全身の病気との関わりがわかってきました。

歯周病の原因と予防

歯周病を起こす原因は、歯と歯ぐき(歯肉)の間にたまった歯垢(プラーク)の中にいる歯周病菌です。歯周病菌が歯ぐきにダメージを与え、少しずつ歯を支えている組織を破壊していきますが、歯周病の怖さは痛みなど自覚症状がほとんどないため、気づかないうちにひどくなるケースが多く突然抜歯になってしまう可能性が高いのです。歯周病を悪化させる直接の原因は歯周病菌ですが、歯周病菌のすみかとなる歯垢をためやすい悪い生活習慣にも注意が必要です。また、健康状態が悪く、抵抗力が落ちていると、歯周病菌がさらに暴れ出しやすくなります。(下の図のように歯周病は進行の状態によって4期に分類します)歯周病の最大の予防法は、毎日のセルフケアと定期的な歯科受診すなわちプロフェッショナルケアが欠かせません。

さあ、みなさん、今日から歯周病からお口を守りましょう。

20081001
(図をクリックすると拡大します)

[参考文献]  財団法人8020推進財団「からだの健康は歯と歯ぐきから」