お口に関する話

むし歯(1).

「むし歯は日本の常識、世界の非常識」という言葉があります。WHOの評価によれば、日本のむし歯は依然として他の先進諸国に比べて、2~3倍のむし歯の数で、東欧・中欧諸国と同レベルにあります。乳歯のむし歯も、同様に高レベルにあります。たとえば、3歳児のむし歯保有者の割合をスウェーデンと比較すると、スウェーデンが5%に対して日本は50%前後で、10倍近くの開きがあるのです。

むし歯はなぜできる

むし歯には、ミュータンス菌をはじめとする数種類の口腔内細菌が関係しています。しかし、それらの細菌がいるからといって必ずむし歯になるとは限りません。むし歯ができたり進行するには、様々な要因が関わっています。むし歯は次の四つの要因が重なった時に発症すると考えられています。

  • 歯の表面にむし歯菌が定着すること。
  • 歯がむし歯菌の攻撃に抵抗しきれないこと。
  • 砂糖などの糖分が口の中に存在すること。
  • 以上の三要因が一定時間以上持続すること。

これら四つの要因は、予防の要点でもあるのです。

20081203b.gif

<<2013年6月>>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30