お口に関する話

子どもの歯科治療(1).

子どもの歯科治療をするのにあたり歯科医師の考えることは、その歯をあと何年間使うのか、ということです。乳歯か永久歯かでも治療内容は違いますし、永久歯では、子どもはおとなよりもその歯をより長い期間使う訳ですから事は重要です。自身の最大の技術を使って治療に当たります。

乳歯の治療(その1)

乳歯は1才頃から生え始め三才頃には上下合わせて20本の乳歯が生えそろいます。乳歯にはそれぞれ名前があって真ん中からABCDEと呼びます。
例えば右下の一番奥の乳歯は「右下E」といいます。6才頃にはEの後ろにさらに6才臼歯という名前の永久歯が上下左右4本生えてきます。これと同時期にAはその役目を終え、下から生えてきた永久歯に生え替わります。このあとBCDEは順次1〜2年おきに下から生えてくる永久歯に置き換わっていきますが、最後の乳歯Eは12〜14才まで使用します。
言い換えると早期にEを失ってしまうと、中学生になるまでそこには歯は生えてこないと言うことです。Eを早期に失った場合、6才臼歯は前方に異動して位置の異常が起きるため、あとから生える永久歯の萌出スペースがなくなることになります。
このことで、歯並びや噛み合わせの異常が起こると言われています。

<<2013年6月>>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30