お口に関する話

プラークとバイオフィルム

バイオフィルムは、台所やお風呂の排水管のネバネバした部分で、細菌が菌体外多糖という物を作って堆積した非常に取りにくい細菌の固まりです。お口の中にもプラークという形で存在し、その中にはむし歯や歯周病の原因菌が多数存在しています。

バイオフィルムという概念

バイオフィルムは粘性のある細菌膜で、その中に複数の種類の細菌が共存して複合体を形成し、固体の表面に付着した状態のものの総称です。いわば細菌が共同生活している集合体のようなものです。

バイオフィルムは自然界のいたるところで見ることができます。身近なところでは、川底の石の表面や、排水溝などのヌルヌルがあげられます。台所の流しにある三角コーナーを汚れたまましばらく放っておくと、周囲にヌルヌルとしたものが付着しますが、これもバイオフィルムです。

これらはすべて水中で細菌が繁殖しバイオフィルムを形成したもので、水で流しただけでは取れず、こすり洗いしてようやく取り除けるほど強固に付着しています。このバイオフィルムが歯の表面にも形成され、その中にむし歯や歯周病の原因菌が多数存在しています。この汚れを取り除くためにも日頃から歯のお手入れをし、かかりつけ歯科医院でのプロフェッショナルケアを定期的に受けることをお勧めします。