お口に関する話

抜歯

歯医者さんで悲しき抜歯宣言をされた経験のある方もまだ未経験の方も「どんな場合に歯を抜かなければならいのか」について知りたいとは思いませんか?誰だって歯を抜かなくてすむのであればと思うのは当然ですが、ここでは我々歯科医がどのような基準で抜歯を行っているのかについて解説をします。あの嫌われ者の親知らずの抜歯についてもできるだけわかりやすく解説します。

抜歯の基準

歯を抜くことって、患者さんが歯科医治療で一番嫌がることだと思います。ここでは、「どんな場合が抜歯の基準に当てはまるのか」についてご紹介します。

  1. 残そうにも限界である歯
  2. 存在していることに問題のある歯
  3. 親知らず
  4. 矯正治療のため

このような場合、当然主治医から説明を受けているはずですが、解説を簡単にしてみます。

  1. 歯がボロボロで崩壊している
  2. 変な位置に生えている
  3. 親知らずの併害がある
  4. 抜いたスペースに歯を並べる。

大方はこのようなことが抜歯基準となりますが、このほかにも歯を移植したり再植する場合にも抜歯をします。


むし歯の進行状況による抜歯の基準 歯周病の進行状況による抜歯の基準 抜歯の対象となる親知らず