お口に関する話

お口のけが

口の中でも特に前歯はスポーツや事故などにより外傷を受けやすい場所です。「歯が折れる」「歯が抜ける」などは典型的な例です。受傷後の迅速で適切な応急処置と歯科医院での治療により生涯使わなければならない大切な歯を守りましょう。

歯が割れたり抜けてしまったら

歯は通常、歯茎から見えている頭の部分と骨に植わっている根の部分からなります。けがにより、歯が割れずに歯の根っこごと完全に抜け落ちてしまう場合があります。これを「歯の脱臼」といいます。

このような場合、抜け落ちた歯を持ってできるだけ速く歯科医院の治療を受けることで、再び植えつけられる可能性が高くなります。

その際に大切な注意点があります。まず、根の表面を傷つけないこと。これは、根の表面には骨と根をつけるための大切な細胞があるからです。もし歯が一旦乾燥してしまうとその細胞が死んでしまい、根は骨に付くことができません。次に、抜け落ちた歯は速やかに水で洗い(ブラシを使ってはいけません)、牛乳の中に浸して(もし牛乳がなければ、口の中に含んで)歯科医院までお持ちください。これらの処置を事前に正しく行っていただくことにより、条件にもよりますが、その歯を抜け落ちた場所に戻して1ヶ月ほどで元の位置に植えつけられる例が多く見られます。いずれの場合にもすぐに歯科医院に相談されることをお勧めします。