お口に関する話

口腔乾燥症

唾液はお口や歯の健康を保つ上で、とても大切なものです。また、体の健康を考えた時にも、多くの役割をはたしてくれるのです。唾液が少なくなるとお口が乾く感じがしてきます。そのように感じた時には、お口や体に多くの問題が起こる可能性がありますので、まずは、歯医者さんで見てもらいましょう。

唾液の減少による口の中の症状

唾液が減少すると、まず口の最も基本的な役割である、ものを食べる、というところでいろいろな問題が出てきます。食べ物がぱさつき、まとまらないため、飲み込みにくくなります。また、でんぷんの消化もできにくくなるため、胃に負担がかかります。次に、唾液は口の中を清潔にし、粘膜に湿り気を与えるのですが、これが障害されるため、むし歯ができやすくなる、歯周病が悪化しやすくなる、口臭がひどくなる、粘膜や舌が炎症を起こし、痛みを感じやすくなる、食べ物がおいしく感じられない、といった症状が出てきます。さらに、唾液のばい菌を殺したり有害物質を無毒化する力が弱まるため、風邪を引きやすくなるなどの症状も考えられます。