お口に関する話

インプラント.

インプラント治療とは失われた歯のかわりに顎の骨の中に埋め込む人工歯根のことです。それは「入れ歯」や「ブリッジ」に代わる治療法として開発された新しい治療法です。これにより自然に近いより美しい歯を取り戻し、おいしく食べることができます。歯の悩みの解決に一歩近づくためにインプラント治療をご紹介します。

インプラント治療が必要とされる理由

  1. ブリッジ
    歯の欠損治療において、従来はブリッジを第一選択としていました。ブリッジは欠損した部位の両側の歯を削るという欠点があります。インプラントは歯根部を新たに形成するため、両側の歯を削る必要はありません。
  2. 入れ歯
    ブリッジや入れ歯の部分は、相対的に噛む力が弱まります。これは、他の健康な歯に負担をかけることになります。一部に噛む力が集中したり、噛みあわせのバランスが崩れると、他の健康な歯の寿命が縮まってしまいます。インプラントは、自分の歯と同様にその部位でしっかりと物を噛むことができます。
  3. インプラント
    歯を失うと、顎の骨は徐々に吸収されてしまいます。インプラントはブリッジや入れ歯と違い、顎の骨に人工歯根を埋め込むため、骨量の吸収を防ぐことが可能です。
  4. インプラント

    インプラント治療の種類

<<2013年6月>>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30