お口に関する話

お口の健康維持

お口の健康を維持するためには、まず病気に罹らないための予防と、むし歯や歯周病の治療が終了してからのメインテナンスが重要です。予防とメインテナンスは、いずれも患者さん御自身が日頃心掛けるべき点と、歯科医院で受ける予防処置や指導、あるいはメインテナンスがあります。快適な食生活のため、歯科医院スタッフは、お口の健康維持を支えます。

治療の中断はさらなる悪化を招きます

歯科医院に通院している人の中には「痛みが無くなった」「仮の歯が入ったので後の治療が面倒」「忙しい」などの理由で治療を中断していませんか?

歯に痛みが出て神経をとった後、痛みが無くなったからと治療を中断すると、歯の根の中に細菌が増殖して、膿をつくるようになることもあります。数ヶ月以上放置してしまうと回復が不可能のほど悪化して歯を抜かなければならないこともあります。

また、歯を削って型をとったまま放置した場合は、歯と仮詰めの間に唾液が入り込んで歯質を溶かし始めます。そのまま数ヶ月放置すると、再度削りなおして型をとらないといけない場合や、神経をとるなどの治療の必要性が出てきますので、治療を中断されている方は、できるだけ早く再度受診することをお勧めします。