お口に関する話

お口の健康維持.

お口の健康を維持するためには、まず病気に罹らないための予防と、むし歯や歯周病の治療が終了してからのメインテナンスが重要です。予防とメインテナンスは、いずれも患者さん御自身が日頃心掛けるべき点と、歯科医院で受ける予防処置や指導、あるいはメインテナンスがあります。快適な食生活のため、歯科医院スタッフは、お口の健康維持を支えます。

小中学生の歯肉炎

子供はむし歯、大人は歯槽膿漏というイメージを持つ方が多いと思います。小中学生の保護者の方は子供さんがむし歯にならないようにかなり気を遣っていることでしょう。しかし歯を支えている歯茎については目が届きにくいようです。大人の歯周病は、歯を支える骨が溶けて歯がグラグラになって抜けてしまう病気です。その初期段階が歯肉炎です。最近では歯肉炎が低年齢化しており小学校の中高学年ごろから目立ち始めます。むし歯と異なり自覚症状が出にくいのも特徴です。現在学校健診では歯肉炎も検査項目に入っています。将来歯周病で歯を失わないよう子供のころから歯肉炎の予防と治療が必要です。むし歯がないと安心せずにかかりつけの歯医者さんにご相談ください。

<<2013年6月>>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30