お口に関する話

歯の治療

仮歯について

歯科治療では、歯を削って詰め物や被せ物をする場合に、最終的な製作物ができるまでの間は「仮歯」を入れます。歯科医師は苦労して患者さんのために仮歯を入れますが、時としてそのことが上手く伝わらず、患者さんはもう完成した歯が入ったと思ってしまうことがあります。今回は、そんな誤解を防ぐためにも「仮歯」について解説します。

1)仮歯の入っている状況

最終的に、完成品として入る歯は金属、硬質レジン、セラミックといった材質になります。

それに対し仮歯は耐久性や材質面でも品質は低く、一時的な使用を目的としています。削られた歯がそのままでは見た目にも実用的にも患者さんにも不都合ですからこの場合の仮歯の必要性は理解しやすいと思います。専門的には歯を保護したり、歯の位置を保ったり、歯肉の形を整えたり、かみ合わせを維持したりと仮歯には重要な役割があります。万全の準備を整え最終的な歯が入るのを待っている状況に、仮歯の大切な役目があるという訳です。

2)仮歯が取れてしまった時

仮歯には二つの役割があります。一つ目は「仮歯」はそれをお使いいただいている間は治療中の歯を保護し支えてほしいこと、二つ目は、治療が継続している間は取れてほしくはないけれども、最終的に完成品としての歯が入る時点では、その役目を終えスムーズに取れてほしいことです。

治療時に主治医の先生からも「仮歯は取れやすいので注意してほしい」等の説明があるかと思います。しかし、もし万が一取れてしまった場合は可能であれば治療を行っている先生に速やかに連絡いただき「仮歯」を再び入れてもらう必要があります。くれぐれもそのまま放置しないようにしてください。取れた仮歯をそのままにしていると、治療中の歯のむきだしの部分が破損して形状が変わってしまったり、歯が移動して隙間がなくなったり、最悪の場合は痛みが出たりとその後の治療に大きな支障が出てしまうことがあります。