お口に関する話

お口の健康維持.

お口の健康を維持するためには、まず病気に罹らないための予防と、むし歯や歯周病の治療が終了してからのメインテナンスが重要です。予防とメインテナンスは、いずれも患者さん御自身が日頃心掛けるべき点と、歯科医院で受ける予防処置や指導、あるいはメインテナンスがあります。快適な食生活のため、歯科医院スタッフは、お口の健康維持を支えます。

口臭について

「自分の口臭で他人を不快にしてはいないか」と気になったりしませんか?
口臭は誰にでもあるものです。しかし、自身が主観的に感じているだけの場合も多く、周囲の人間が不快と感じるとき以外は特に心配に及ばないものです。今回はそんな口臭について解説します。

1)口臭の源

口臭はそのほとんどが口の中から発生します。その発生の源は新陳代謝によって捨てられた口の中の粘膜細胞、死んだ細菌、白血球、食物残渣などです。これらの多くは元々タンパク質であり、細菌によって分解されることで臭い物質である揮発性硫化物が作られます。このような分解過程および臭い物質の存在は通常の生理現象であり、口臭を感じられるかそうでないかは程度の問題と言えます。

2)生理的口臭と病的口臭

起床の直後、長時間の緊張、疲労時における唾液分泌の抑制があった場合に、他人に臭いを感じさせることがあります。これを「生理的口臭」と呼びますが、これらは臭いのレベルも低く、また一時的な臭いのためほとんど問題になりません。

一方で口の中が清潔でなく何らかの歯科的な疾患がある場合には、明らかに他人に不快感を与える臭いが発生します。これを「病的口臭」と呼びます。病的口臭の代表的な疾患としては歯周病があります。病的口臭の場合には、口臭そのものをなくすよりも、その原因となる疾患を明らかにして、その治療と管理を継続的に行っていくことが大切です。

※歯周病治療の基本は自分で行うブラッシングと歯科医院で行う機械的清掃です。お悩みの方はお近くの歯科医までお気軽にご相談下さい。

3)自臭症

実際には病的口臭がないにもかかわらず自分の口臭が気になり、いつも不安であったり、強い臭いが他人にも迷惑をかけているのではないかとお悩みの方は「自臭症」の疑いがあります。自臭症は潔癖症の人に多く、本当に臭いがあるかどうかは家族などに確認してもらう方法もありますが、より正確な判断を行うためには専門である歯科医に相談することをおすすめします。

<<2013年6月>>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30