お口に関する話

お口の健康維持.

お口の健康を維持するためには、まず病気に罹らないための予防と、むし歯や歯周病の治療が終了してからのメインテナンスが重要です。予防とメインテナンスは、いずれも患者さん御自身が日頃心掛けるべき点と、歯科医院で受ける予防処置や指導、あるいはメインテナンスがあります。快適な食生活のため、歯科医院スタッフは、お口の健康維持を支えます。

妊娠期のデンタルケア

妊娠する事で、母体には様々な変化が起こります。その影響で口の中も病気に罹りやすくなります。まず最初に変化するところは、やはり歯肉です。

妊娠中は、唾液がねばねばしたりホルモンの関係で口の中の清潔が保ちにくい状態になります。また妊娠初期は、つわりなどで食べ物の好みが変わったり、酸っぱいものが食べたくなったりするなど食習慣も変わります。その上、つわりで十分な歯磨きができないことから歯垢が溜まりやすくなることで、むし歯や歯周病に罹りやすくなります。

妊娠中のこうしたトラブルを防ぐためには、刺激しないように小さめの歯ブラシを使用するなどして、普段以上の歯磨きが必要です。歯周病は感染症のひとつです。感染症はおなかのあかちゃんの健康にも影響します。あかちゃんと自分自身の健康のために、歯と歯肉の健康を守りましょう。

<<2013年6月>>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30