お口に関する話

お口の健康維持

お口の健康を維持するためには、まず病気に罹らないための予防と、むし歯や歯周病の治療が終了してからのメインテナンスが重要です。予防とメインテナンスは、いずれも患者さん御自身が日頃心掛けるべき点と、歯科医院で受ける予防処置や指導、あるいはメインテナンスがあります。快適な食生活のため、歯科医院スタッフは、お口の健康維持を支えます。

Q&A:要介護者のお口の健康について

Q介護が必要な方の口腔ケアでは、どのようなことをするのですか?
A自分で歯を磨いたり、うがいをしたりすることのできない人の口腔、つまり口の中を歯ブラシやスポンジブラシなどを使ってきれいな状態にし、健康を維持することです。
Q口腔ケアをすることでプラスになることは?
A口腔ケアを行い、口の中の清潔と健康を保つことが誤嚥性肺炎の予防に大きな効果があると言われています。
Q誤嚥性肺炎とはどんな病気ですか?
A病気や加齢などにより飲み込む機能が低下したり、咳をする力が弱くなると食べ物や口の中の細菌や逆流した胃液が誤って気管に入りやすくなります。その結果、誤嚥性肺炎になります。これは介護が必要な高齢者にとって命に関わる大きな原因です。
Q口の中を清潔に保つことで病気の予防にもつながるのですか?
A口の中の清潔と健康を保つことが全身の健康を保ち、楽しく会話をし、美味しく食べることに欠かせないことなんです。
Qどのように口腔ケアを行うのですか?
A寝たきりの方や認知症の方は口の中のトラブルや不快感を表現できないこともあります。介護されている方が要介護者の状態をよく観察し、トラブルがあればすぐに歯科医師や歯科衛生士に伝え相談することがとても大切です。
Q観察する時のポイントは?
Aまず口の開き具合。痛みがないかどうか。そして口から食べられなかったり、飲み込めないことがないかどうか。歯がとがっていたり、ぐらぐらしていたり、むし歯が大きくなっていたりしていないか。歯茎が赤く腫れていたり、血や膿が出ていないか。歯石や歯垢がついていないか。また、強い口臭が感じられないか。そして治療済みのところが壊れていないか。など様々なチェックポイントがあります。
Q入れ歯を使用している方については?
A壊れたりとがったりした部分はないか。しゃべったり食事をしたりすると、落ちたり浮いたりしないか。そして噛むと痛くないか。などをチェックして下さい。
Qケアを行う場合、何を使用したらいいですか?
Aもちろん歯ブラシでいいです。毛の部分は小さめのものがよく、ナイロンで毛先が平らにカットされたものがよく、硬さは普通か柔らかめがいいでしょう。また、歯間ブラシや糸状のようじもいいです。
Q電動歯ブラシはどうですか?
A様々なタイプのものがあり、使用する人の状態に合わせたものを選ぶことが大切ですので歯科医師や歯科衛生士に相談してみて下さい。電動歯ブラシは自動的に一定の動きをするので自分の手で固定できれば身体に障害のある人にも適しています。また、歯茎のマッサージにも効果的です。
Q歯磨き粉などはどうですか?
A最近、薬用のものが多く出ています。むし歯予防、口臭予防、歯周病予防などがあります。唾液分泌の低下した高齢者の方は、歯ブラシに洗口剤をつけて磨くと効果的です。
Q口の中を清潔に保つことが健康を維持する1つの理由になっていることが意外でした。
A保健所などでは歯科医院への通院が困難な方の口の中の衛生状態の改善を目的として、歯科医師や歯科衛生士がお宅に訪問して健診や保健指導を行っているところがあります。不便を感じている方は一度相談してみて下さい。また、往診等についてもかかりつけの歯科医院に相談してみて下さい。