お口に関する話

お口の健康維持.

お口の健康を維持するためには、まず病気に罹らないための予防と、むし歯や歯周病の治療が終了してからのメインテナンスが重要です。予防とメインテナンスは、いずれも患者さん御自身が日頃心掛けるべき点と、歯科医院で受ける予防処置や指導、あるいはメインテナンスがあります。快適な食生活のため、歯科医院スタッフは、お口の健康維持を支えます。

歯周病と全身のさまざまな病気のかかわりについて

Q改めて、歯周病について伺います。歯周病とはどんな病気ですか?
A歯周病とは、歯周組織と呼ばれる歯ぐきや骨などにおける様々な病態の総称です。簡単にいうと歯と歯ぐきの境目がはがれて、土台が壊れていく病気です。歯ぐきの腫れや出血から始まり、放っておくと歯がグラついて、最後には抜けてしまいます。
Q自覚症状はありますか?
A特に初期の段階では、自覚症状がほとんどありません。少し病気が進むと、歯ぐきからの出血、腫れや膿が出る、などの症状が出ます。日本では、中高年の8割以上がこの歯周病にかかっています。
Q中高年の8割も!それは大変!そもそも、歯周病の原因は?
A歯と歯ぐきの間にたまった歯垢(プラーク)の中にいる歯周病原菌が原因。
Q歯垢というのは、食べ物の汚れなどのこと?その中にいる病原菌が原因なんですね。
A歯垢は食べかすではありません。歯の表面につく白いネバネバした物でバイ菌の固まりです。「悪い生活習慣」や、健康状態の悪化で「体の抵抗力が落ちること」でプラークの中の歯周病原菌が暴れ出しやすくなります。「生活習慣病」のひとつと捉えられています。
Q放っておくとどうなるの?
A歯周病が重症化すると歯がグラグラ揺れてきて、最後には抜けてしまいます。しかも、歯周病は口の中の問題だけでなく、全身の様々な病気と関わっていることがわかってきました。
Q全身の病気とは?
A関わりが強いとされている病気は、主に糖尿病、脳卒中、心筋梗塞、肺炎、妊娠している方では、早産・低体重児出産などです。
Q歯周病は口の中だけの症状だと思っていた。どうして全身への影響が?
A歯ぐきからバイ菌や毒素が体中のあちこちに入り込み、影響が出る可能性が高い。
Qなるほど。例えば、糖尿病の場合、歯周病とはどのような関わりがあるのでしょうか?
A糖尿病が歯周病を引き起こすだけでなく、歯周病による慢性的な炎症が糖尿病の状態を悪くするというデータを国内外の研究者が発表しています。最近では歯周病を改善すると、糖尿病の状態も良くなるというデータも発表されています。
Q歯だけではなく、全身への影響も出るなんて恐ろしいですね...。
Aそのほか、肥満との関連も指摘されており、メタボリックシンドロームと影響し合っていることが注目されています。また、歯周病菌が動脈硬化を促し、脳梗塞、脳出血が起こることも一部の研究でわかってきました。
Qでは、どうすれば歯周病を防げるのでしょうか?
A歯周病予防には、歯磨きなど自分で行う「セルフケア」と歯科医師や歯科衛生士など専門家による「プロフェッショナルケア」のふたつがとても大切です。歯ぐきにトラブルがあるにもかかわらず、治療を受けずに放置している方が相当数いると思われます。何かが起こってから歯科を受診するのではなく、定期的に歯科医院を受診することをおすすめします。
Q忙しくて歯科医院になかなか行けない人も多いはず...、そういう方へのアドバイスは?
A各市町村や職場などで行われている歯科健診を利用するのもひとつの方法です。ただし、治療が必要な場合は歯科医院の受診が必要ですし、進行した歯周病の治療は、時間がかかったり、内容が複雑になることが多いので、軽症のうちにきちんと治療や専門家の指導を受けて、メインテナンスした方が結果的には時間やお金の節約になります。そのためにも信頼できるかかりつけの歯科医院を見つけることがとても大切です。市町村の歯科健診では、人間ドックなどに比べて受診率が低いことが気がかりです。口の中の健康を保つ=全身の健康の維持という意識を持って、積極的に受診してほしいと思います。

歯周病は口の中だけの問題ではないのですね!全身の健康を保つためにも歯周病予防は重要ですね。

<<2013年6月>>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30