お口に関する話

入れ歯.

入れ歯にあまり良い印象を持っていない方やこれから入れ歯を作らなければならない方のために、快適に入れ歯をお使いいただくための入れ歯の正しい知識と管理について解説します。部分入れ歯から総入れ歯までその特徴と日頃の注意点等について知っていて損のないお役立ち情報をご覧いただけます。

義歯安定剤と入れ歯のお手入れについて

Q 義歯安定剤について改めて教えてください。
A義歯安定剤は、入れ歯を落ちにくくしたり、顎の上で安定させて入れ歯の痛みを緩和するなどの役割があります。タイプとしては大きく分けて 2 種類あります。
Qどんなタイプ?
A 1 つ目は義歯粘着剤と呼ばれるものですが、クリームタイプ、テープタイプ、粉末状で高い粘着性があります。2 つ目としてゴムのように柔らかいクッションタイプのものがあります。
Qいろんな種類があるということは、それだけ需要も高い?
A年間の売り上げは100億円にも迫る市場と言われています。この背景には、日本人の高齢化が進んでいることが原因としてあげられると思います。高齢者は、入れ歯を支える顎の骨が極端にやせて、入れ歯が安定しなかったり、薬の影 響で、唾液の量が少なくなることで、入れ歯が落ちやすい、痛みが出やすい、といった方が多くなっています。
Q義歯安定剤を使う前に注意点があるそう?
A使う前に必ず、かかりつけの歯科医に相談しましょう。歯科医院では、今使っている入れ歯がきちんと顎の形にあっているか、また噛みあわせが狂っていないか、などを確認します。問題がある場合には、入れ歯を修理したり、新し く作る必要がある時もあります。その上で、義歯安定剤が必要かどうか判断します。
Qもし、自分の判断だけで使うとどんな問題があるの?
A安定剤の種類によっても症状が変わってくるのですが、まず、クッションタイプの安定剤の場合は、顎の形に合わない状態で使っていると、安定剤に厚みが出て、顎の骨の形が変わってしまう恐れがあります。短期間のうちに顎の骨が痩せ細ってくると言う報告もあります。また、噛み合わせが悪い状態で使っていると、顎の関節に痛みやゆがみが出てくる場合もあります。
Qクリームや粉末などの粘着性タイプの場合はどう?
A入れ歯の内面や、口の粘膜に安定剤が残りやすく、カビや細菌が繁殖して不潔になってしまうことがあります。使った後のお手入れの方法についても、しっかりとアドバイスを受ける必要があると思います。
Q入れ歯のお手入れも必要になってきますよね?
A食事など使った後は、必ず専用の入れ歯ブラシでよく磨くことが基本となります!入れ歯についている汚れや、ぬるぬるしたものをしっかり落として、入れ歯の表面がつるつるになるように磨きます。1週間に一度ぐらいは、洗浄剤を使用して化学的に汚れを落とすことも必要となります。時々、熱湯で消毒する方がいらっしゃいますが、入れ歯が変形してしまうおそれがありますので止めましょう‼
Q寝る時はどうしたらよいでしょうか。
A就寝時は、一般的に入れ歯を外して口の粘膜を休ませてあげましょう。はずした入れ歯は、よく洗って専用の容器に水を張って保管するようにしてください。

<<2013年6月>>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30