お口に関する話

その他

歯科で撮影されるX線について

Q歯科のX線撮影は、どういう場合に必要なのでしょうか?
A歯が痛かったり、歯肉が腫れたりして歯科医院を受診された場合、まずは、主な症状をお訊きし、問診を行います。更に診断を確実なものにするために、外観からは見えない病変を把握する必要があり、そのためにX線撮影を行います。
Q小さなフイルムを口の中に入れて撮影したり、顔の外から撮影することがありますが違うものでしょうか?
AX線撮影には、主な撮影法として 2 種類の撮影法があります。歯を含めた口腔周囲の全体像を映し出すパノラマX線撮影と、 3 、 4 本の歯を実際の形態に近い状態で映し出すデンタルX線写真があります。
Q口の中の全体像を映し出すパノラマX線で写るものでは何がわかるのでしょうか?
AパノラマX線撮影では、口全体が写りますので、上下の顎の全体の状態、歯や歯の根の形と本数、完全に歯が生えていない親知らずの歯、何らかの原因で生えてこない歯や過剰な歯、口の開け閉めのための顎関節の形、下の顎にある神経や血管が中を通る下顎管などが映ります。例えば、顎のなかにできた腫瘍や、見えない袋状の炎症の発見に活用されます。
QデンタルX線は?
AデンタルX線撮影では、より詳しく歯の形態、神経の入っている場所や、歯槽骨といわれる歯を支えている骨、歯と歯を囲む骨の隙間の形体などを見ることができます。乳歯の隠れたむし歯の発見から、あらゆる歯科に関わる病気の症状の発見に役立ちます。
Q映し出される画像を歯科医師はどのように活用するのでしょう?
A撮影されたレントゲンの説明を受けられると思いますが、大事なことは正常な像と、どこが異なっているかを読み取ることです。
Q画像からは例えばどのような症状が読み取ることができるのでしょうか?
Aまず、むし歯ですが、見た目(外観)では判りにくい、被せ物の付け根や、歯と歯の間、奥歯のかみ合わせの面から進行したむし歯の進行状態の大きさが黒い像として映しだされます。症状がなく、少し黒みかかった小さなむし歯でも、実際は歯の神経の近くまで大きく進行しているということもあります。
Q年齢を問わず歯周病になる人が増えていると聞きますがこれもわかるのでしょうか?
A歯周病では、歯石が付いている状態や、歯を支えている周囲の骨が影響を受けて消失してくる、いわゆる骨が吸収されている像が見られ、病気の進行の度合いがわかります。また、歯周病以外では、根の尖端部の周りに黒い像の病変が現れます。これは、歯の神経の入っていた管の中の汚れが進み炎症を起こしている状態などがわかります。
Q撮影後、私たち患者もレントゲンを見せてもらい説明を受ける。このとき私たちがすべきことは?
A治療には、患者さんの協力を得ることがとても大事になります。レントゲン写真から、ご自分のお口の中の状況がどのようになっているかをしっかり把握していただくこともできるので、健康な状態を取り戻すための理解を深めていただけるものだと思います。病気に対する診断、治療効果の確認、経過を理解していただく大事な検査となります。
Q最近ではまた新たな撮影方法もでてきたそうですね。
Aいままでお話ししてきたことは、 2 次元に映しだされた像でしたが、診断の新たなX線撮影として、歯科用CT撮影が導入されてきた。例えば、智歯の情報も、CTにより 3 次元的に歯根の形態、下顎管との位置関係など、より多くの情報を得ることができ、診断の精度を上げることができる。
Qより細かに診察してもらえて早期発見にもつながる。
A歯みがきをして歯の健康を保つことが何よりも大切なことですが、違和感や痛みを感じたらすぐに歯科医院で診察を受け、X線撮影を行った時には、歯科医師としっかり、今のご自身の歯の状態を確認することが大事です。