お口に関する話

お口のけが

口の中でも特に前歯はスポーツや事故などにより外傷を受けやすい場所です。「歯が折れる」「歯が抜ける」などは典型的な例です。受傷後の迅速で適切な応急処置と歯科医院での治療により生涯使わなければならない大切な歯を守りましょう。

お口の健康維持

お口の健康を維持するためには、まず病気に罹らないための予防と、むし歯や歯周病の治療が終了してからのメインテナンスが重要です。予防とメインテナンスは、いずれも患者さん御自身が日頃心掛けるべき点と、歯科医院で受ける予防処置や指導、あるいはメインテナンスがあります。快適な食生活のため、歯科医院スタッフは、お口の健康維持を支えます。

お口の清掃

プラークコントロールといえば思い浮かぶのは歯ブラシ、デンタルフロスなどです。 今回はこれらについてご紹介します。

歯科健診の大切さ

Q一言で歯科健診といっても、年齢や健診場所など様々ありますよね。
A歯科健診には、学校健診や自治体などが行う1歳半、3歳児健診や40歳以上の方が対象で10歳毎の節目に健診の案内がある節目健診、企業や団体が行う事業所健診などがあります。
Q健診が進まない理由は?
A労働関連法に歯科健診が義務付けられていないことが理由の一つになると思います。これは、8020達成の大きな障害になっていると思われます。
平成22年に長野県歯科保健推進条例が、23年には国で歯科口腔保健の推進に関する法律が制定されました。その中には職場などでの歯科健診の機会の確保等がうたわれています。が、現実には費用の問題や罰則規定がないこともありなかなか行われていないのが現状です。
Q自分の歯を残すためにも健診は大事。節目健診の最初の年代、40歳の歯の本数はどのようになっている?
A先ほどお話しした平成22年の長野県歯科疾患実態調責では、お口の中の歯の本数(現在歯数といいます)が40歳代までの平均28.5本に比べ50歳代20.8本といきなり8本程少なくなっています。ちなみに、50歳代以降の平均では17.9本です。40代から50代の聞に8本も歯を失ってしまうわけで、これは大変なことです。
Q急激に減る原因は?
A一番はきちんとお口の管理!をされていないことだと思います。20代から30代までの方の歯科受診率、特に健診やブラッシング指導など予防的なものに対する受診率の低さ。(20代男性では受診率1%に満たないのが現実です。女性でも1.2%) 歯を失う原因は30代まではむし歯が、40代からはそこに歯周病によるものが加わります。歯周病の発病は20代から始まりますので、40代以降に歯を喪失しないためには20代からの管理が非常に大切になります。
この年齢の皆様に是非、定期的な歯科健診を受診していただきたいと思います。また健診で問題が見つかった場合はもちろん治療をしていただきたいですし、問題がなかった方でも、次の1年無事でいるために、お口の管理方法のアドバイスを、かかりつけ歯科医にうけていただきたいと思います。また、事業者の皆様には、就労者の方々の健康管理のために是非、歯科健診を取り入れていただきたいと思います。
Q最後に、もうすく東日本大震災から、2年となる。歯の治療をせずにいることは、大規模災害時にも問題になる。
A東日本大震災のような大きな災害では、避難所などでの集団生活等、普段と遠う環境におかれます。そういうストレスからお口の中に問題を起こす方が非常に多いということが分かっています。これらはその後に起こる全身疾患とも、非常に関係が深いといわれています。普段からの管理でそれを防げますし、問題が出てきても管理方法さえわかっていれば酷くならずに治すことができます。また、あってはならないことですが、意識不明の方や不幸にもお亡くなりになった方の身元の特定にお口の中の情報が非常に役に立ちます。これはDNA鑑定と同様に正確でかつ早くできます。そのためには対象になる資料がなければなりませんし、新しいもの、更新されたものがあることがとても大切です。