お口に関する話

在宅・介護

歯科の往診に当たる歯科訪問診療、準備や申込み、口腔ケアとの関連などについてご紹介します。

Q「嚥下障害」というとどのような症状があるのでしょうか?
A介護が必要な高齢者を対象にお話しします。食事中にうまく飲みこめない、頻繁にむせる、口から唾液や食べ物がこぼれる、食事に時間がかかるようになる、体重が減少する、食後口の中に食べ物が残るようになる、原因不明の微熱が続く、声や息がガラガラする、このようなことが嚥下障害を疑うサインです。
Q「嚥下障害」はどうして起きるのでしょうか。
A加齢や脳卒中などが原因で感覚や運動機能が落ちたり麻痺が生じると、嚥下の反射が起こりにくくなったり、口の中で食べ物をうまくまとめられなくなったり、食道の方へうまく運べなくなるという問題が生じます。水のように一気に喉に落ちるものにタイミングを合わせて嚥下ができず喉の奥に溜まり溢れて気管に入ってしまいます。これを誤嚥といいます。どなたでも話しながら食事をしたり、急いで食事をしたときに気管の方に物が入り咳きこんだことがあると思います。苦しいですよね。
Q「嚥下障害」になるとどんな問題が出てきますか?
Aむせて、自分の力で誤嚥を防いでいるうちはいいのですが、むせもせず、無自覚のまま誤嚥が続き、口の中の細菌がいっしょに気管を通じて肺の方へ送られるのが問題です。微熱が続いたり、頻繁に肺炎を起こすようになります。これを誤嚥性肺炎といって要介護高齢者の死因の一つです。日ごろの口腔ケアで口の中の細菌を減らしておくのも重要です。
Qどうしたら防げるのでしょうか?
A足や腕の筋肉を動かさずにいるとだんだん衰えますね。それは口、顎、頬、喉の筋肉も同じです。おいしい食事がいつまでも食べられるように口の運動を生活に取り入れてみましょう。
また、高齢者の方はいろいろな薬を服用しています。これらの薬の副作用の一つに口の渇きがあります。唾液(つば)が少なくなります。物を飲み込むのに唾液は重要な役目をしますので、日ごろからよく噛んで食事をしたり、唾液腺のマッサージなども有効です。
Qでは実際に「嚥下障害」で悩んでいる場合はどんなことに気をつけたらよいでしょうか?
Aまず食事の時の姿勢が大切です。気管が前方にあり開放していて、食道が背中側にあり普段は閉じています。食べ物は気管の前で左右に分かれて食道に送られます。うつむきかげんで食事をすると誤嚥しやすくなります。
また、片麻痺がある場合、麻痺側に食べ物が停滞します。健常側(麻痺のない側)に頭を少し傾けて、介助する人も健常側から食事を運びます。すると自然に頭が健常側に傾きます。
次に、食べ物の形態ですが、食べやすいようにと細かく刻みがちですが、細かく刻んだ食べ物は口の中でまとまらず、喉に残留します。トロミをつけたりゼリー状にして口へ運びます。一口量を少なくし、口へ運ぶペースを落とします。ゆっくりとよく噛んで食べるよう工夫します。リラックスして食事ができるよう環境を整えることも大切です。緊張した場面では、唾液の分泌が少なくなります。
Q最後に......。
A嚥下という字は、口の横に燕という字を書きます。じつは英語でも飲み込むことをswallowingといい、swallowは燕です。今ちょうど燕の子育ての時期ですが、こどもの燕が大きな口をあけて餌を待っている姿はまさに飲み込む動作を連想させます。高齢者にとって、いつまでも家族と一緒に同じメニューを食べられることは本当に幸せなことと思いますので、嚥下障害の疑いがある場合は、早めにかかりつけの先生に相談してみて下さい。
日本歯科医師会のホームページを見ると、無料でだれでも見られるお口のトレーニングの動画があります。ダウンロードして保存し、何度も見ることができます。ぜひ利用してみて下さい。

保険証等通常の歯科治療を受ける時と同様に用意していただき、その他、コップ、タオル、歯ブラシ、ティッシュなどをご用意下さい。その他必要なものは、その都度訪問される歯科医師から指示があります。また、訪問診療の際、ご家族はなるべく同席をして頂き、診療後に歯科医師からの指示を一緒にお聞き頂くのが良いでしょう。

歯科訪問診療を受けるには、特別な手続きは必要ありません。まずはかかりつけの歯科医師、またはケアマネージャーさんなどを通してご相談頂くのも良いでしょう。

相談される場合は、お名前とご住所、連絡先を正確にお伝えください。次に、お口の中がどのように具合が悪いのか、現在の全身状態、内科など主治医からの情報、飲んでいる薬などの情報をお伝えください。また、施設などへの訪問を希望される場合は、あらかじめ施設の職員の方に訪問診療の受診をされる旨お伝えください。

お口の機能は多岐にわたっており、病気などが原因でうまく機能しなくなると、単に咀嚼できないばかりでなく、味わうことや飲み込むことが難しくなったり、言葉がはっきり発音できなくなったりします。さらに誤嚥性肺炎と言ってお口の中の汚れが原因で肺炎になることもあります。従って歯科訪問診療で痛い歯を直したり、入れ歯を直すだけでなく、お口の中の汚れをきれいに清掃し、舌や唇など口の周りの機能を維持し、向上させるためにリハビリが必要になる場合もあります。こうしたお口の清掃やリハビリのことを「口腔ケア」といい、要介護者のQOL(Quality Of Life)のために注目されています。

入れ歯を直したり、むし歯の治療などを行う歯科訪問診療は、医療保険で行います。 また、介護保険の対象にならないような若い方や、要介護認定されていない方でも、歯科訪問診療を受けることができます。

一方、要介護認定されている方で訪問診療を行った結果、「口腔ケア」と言い、お口の中の清掃やリハビリが必要と判断された場合は介護保険を利用し、歯科医師や歯科衛生士の指導を受けることができます。

病気やけがなどによりご家庭や施設等で療養しており、通院による歯科治療が困難な方を対象に歯科訪問診療を受診することができます。また、歯科のない病院に入院中の方も歯科訪問診療の対象になります。例えば、寝たきりの方の歯が痛くなったり、車いすを使用しており移動が困難な方の入れ歯が壊れてしまい、歯科医院に連れて行くこともできず、本当に困ってしまったということは、介護に携わったことのある方なら経験したことはあると思います。そのような場合に歯科訪問診療を利用して頂くことができます。

歯科訪問診療とは、歯科医師が患者さんのご家庭や施設などを訪問して歯の治療を行うことであり、歯科の往診だと思って頂ければ良いと思います。実は歯科訪問診療は、かなり以前から一部の歯科医師により行われていましたが、携わる歯科医師の数も少なく、なかなか一般の皆様に浸透していませんでした。しかし急速な高齢化に伴い、高齢者及び寝たきりの方のお口の中の問題は、歯科医師、歯科衛生士を含め歯科全体の課題になってきました。歯科医師会によっては、会を挙げて取り組んでいるところもあり、現在では多くの歯科医院が歯科訪問診療に対応できるようになりました。