お口に関する話

女性のための歯科治療

Q妊娠中に治療は受けてもいい?
A16週以降の安定期であればほとんどの歯科治療は問題ないと考えられています。妊娠2カ月まではいろいろな悪影響を受けやすいため十分な注意が必要です。
お腹の赤ちゃんの体の各部分ができ上がってくる器官形成期にあたるため。歯科を受診する際に妊娠していること、何週目なのか、お母さんの体の健康状態、産婦人科の先生の意見等を担当歯科医師に伝えて下さい。
Q治療に伴ってレントゲン撮影をすることも考えられる。治療で一番気になること。レントゲン撮影は問題ない?
A妊娠中にレントゲン撮影をすると放射線による被曝が胎児に影響を及ぼすのではないかと心配される方も多いと思います。歯科用のレントゲン撮影はお腹からも離れていて、お腹の赤ちゃんへの放射線の影響も無視できるレベルです。さらに防護エプロンの着用で被曝量を軽減できます。
歯科での撮影に際しての被曝は一日の自然被曝のおよそ3分の1以下で、被曝としてはごく微量ですので、過度に心配される必要はないと思います。
Q麻酔の影響は?
A妊娠中に局所麻酔薬を注射してもお腹の赤ちゃんへの危険性はほとんどないことが報告されています。痛みによるストレスを考えると、安定期であれば局所麻酔は使用した方がよいでしょう。
Q薬を飲むことにも抵抗がある方も多いはず。痛み止めや化膿止めなど処方される?
A抗生物質ならばペニシリン系やセフェム系。鎮痛剤ならばカロナールやアセトアミノフェンが安全だと報告されています。
必要ならば痛みや腫れを我慢して赤ちゃんに負担をかけるよりも歯科医師の指示に従ってきっちり飲んで、最小限の量に留めるようにした方がよいでしょう。
Qつわりがつらくて歯ブラシも口に入れられず、歯が磨けないと聞いたことがある。かといって歯を磨かないわけにもいかない。
A食後すぐに口をゆすいで下さい。歯磨きは体調のよい時を見計らって一日のうちいつでもいいです。歯磨き粉を付けずに磨いてもいいと思います。
Q妊娠中の口の中のケアで気をつけることはある?
A赤ちゃんの歯は早いものは妊娠の初期から作られ始めます。妊娠中と授乳中はカルシウムをしっかり摂るだけでなく良質なタンパク質やリンなどの無機質、ビタミンA、C、Dといった丈夫な歯を作るに必要な栄養をバランスよく摂るように心がけて下さい。
Q妊娠の初期に赤ちゃんの歯は作られる。赤ちゃんのむし歯はいつから気をつけるといい?
A生まれて間もない赤ちゃんの口の中には、むし歯菌はいません。1歳半から2歳半位までの間に感染しやすいことがわかっています。母親が口移しで離乳食を与えるところを見かけますが、この時、唾液を介してお母さんのむし歯菌が子どもの口腔内に感染するといわれています。
Q母親のむし歯菌が少ないと、子どもへの感染は少なくなる。
Aそう。むし歯菌が移るのを4歳まで防ぐことができたら、子どもがむし歯になる確率は15分の1になるという研究結果もでています。丈夫な歯を持った子どもに育てるには、まず妊娠中から母親、父親のむし歯を治すこと、きちんとした歯磨きの習慣をつけることが第一歩ではないでしょうか。

<<2013年6月>>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事