お口に関する話

口腔乾燥症

唾液はお口や歯の健康を保つ上で、とても大切なものです。また、体の健康を考えた時にも、多くの役割をはたしてくれるのです。唾液が少なくなるとお口が乾く感じがしてきます。そのように感じた時には、お口や体に多くの問題が起こる可能性がありますので、まずは、歯医者さんで見てもらいましょう。

口腔乾燥症とは、口の中が乾いた感じを持つ症状のことをいいます。主に、唾液の減少によって口腔乾燥感が生じるのですが、口を開けて息をするため粘膜が乾燥するなど、唾液の量が正常でもこうした症状を持つことがあります。唾液の出方には、常にじわじわと出るものと、食事など刺激を感じたときにどっと出るものの2種類があります。後者の量が正常でも、前者が少なくなっていると普段の口腔乾燥感は強く感じられます。唾液減少は、老化に伴って起きることがあり、また薬の副作用や唾液減少を伴う病気というものも存在します。唾液減少によって、舌の灼熱感、口臭、むし歯、食事がしにくい、話しづらい、といった影響が出てきます。

唾液が減少すると、まず口の最も基本的な役割である、ものを食べる、というところでいろいろな問題が出てきます。食べ物がぱさつき、まとまらないため、飲み込みにくくなります。また、でんぷんの消化もできにくくなるため、胃に負担がかかります。次に、唾液は口の中を清潔にし、粘膜に湿り気を与えるのですが、これが障害されるため、むし歯ができやすくなる、歯周病が悪化しやすくなる、口臭がひどくなる、粘膜や舌が炎症を起こし、痛みを感じやすくなる、食べ物がおいしく感じられない、といった症状が出てきます。さらに、唾液のばい菌を殺したり有害物質を無毒化する力が弱まるため、風邪を引きやすくなるなどの症状も考えられます。

普段、何気なく口の中を潤してくれる唾液。これには私たちの健康を支えてくれる、様々な力が含まれています。一番身近な役割といえば、消化を助ける、というものでしょうか。唾液中にはデンプンの消化酵素があり、食物に水気を与え、食べ物の塊を作って飲み込みやすくするのも重要な役割です。味わう、ということにも唾液は大きく関わっています。さらに歯の表面の汚れを洗い流し、むし歯から歯を守るのも唾液の大切な役割です。口の中のばい菌の繁殖を抑え、口臭を予防するのにも唾液は大きな関わりを持っています。また唾液が食べ物の中の発ガン物質を無毒化することもわかってきました。さらに老化防止にも一役買っているのが唾液なのです。唾液の力もう一度見直しませんか。


プラークpHと脱灰・再石灰化

プラークpHと脱灰・再石灰化


発ガン性物質に対する唾液の毒消し効果

発ガン性物質に対する唾液の毒消し効果

眼も口も乾燥しやすい状況があれば、水分が失われ「ドライ」な状態になります。例えば眼を使いすぎて、まばたきが減るとドライアイになることがあります。口の場合も、常に口を開いて口で呼吸していると乾燥することになります。ドライマウスでは、薬の副作用として唾液が出にくくなることがありますが、涙腺では、そうした影響はないようです。しかし共通におきるものとしてシェーグレン症候群というものがあります。これは涙腺や唾液腺など多くの腺組織を萎縮させ、ドライアイやドライマウスを起こすことになります。ドライアイだけなら、眼に負担をかけない日常生活を心がけることで改善しますが、シェーグレン症候群は全身に症状が及ぶので、しっかりした診断と治療が必要になります。