お口に関する話

その他: 2009年8月アーカイブ

睡眠時無呼吸症には、神経性に呼吸が抑制されてしまう場合と、のどなどが狭くなって呼吸ができなくなる場合がありますが、多くの患者さんは後者の方になります。いびきの後呼吸がとまる、というのがこれに当たります。何らかの影響でのどが狭くなることが問題となるので、治療法としてはこれらを解決するものになります。治療の最も一般的な方法として、空気をある程度の圧をかけて喉に送り込み、閉塞を防ぐものがあります。効果は確実ですが、機器が大きく負担も大きいのが難点です。もう一つは専用のマウスピースを入れることで下顎の位置を改善し、呼吸をしやすくするというものがあります。さらには手術によって閉塞部位の改善を図る方法がありますが、内科、耳鼻科、歯科などの連携をはかり、複数の方法を取り入れより負担の少ない治療をしていくことが必要です。

ホワイトニングは変色してしまった歯を白くするもので、歯の表面の着色を落とすものではありません。方法としては、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、家庭で行うホームホワイトニングがあります。根本的にはあまり違いはありませんが、薬の濃度や作用機序が少し異なります。いずれにしても強い漂白作用で歯質の深い部分の変色を除去するため、時に「しみる」といった知覚異常を起こすことがあります。また、変色の度合いによって、治療の回数や期間はかなり異なります。状況に応じて適切な方法をとることが必要ですし、何年かすると元に戻っていくこともありますので、行う場合には歯医者さんに相談してください。