お口に関する話

顎関節症

顎の関節やその周囲に違和感を感じたら、顎関節症である可能性があります。下記の説明を参考に、歯科医院で受診しましょう。

  1. 顎の関節や関節周囲に痛みを感じる
  2. 口の開閉運動時に大きく開けられない、顎が左右どちらかに偏る、蛇行する
  3. 口の開け閉めの時にカックンやジャリジャリなどの音がする
  4. 顎の筋肉が痛い・だるい

このような症状が一つでもあれば、顎関節症が疑われます。咬み合わせの悪い状態で、長い期間咬み続けると他の関節と同じように負担が蓄積し、顎関節症をさらに悪くしてしまいます。ひとつでも思い当たる症状があれば早めの受診をお勧めします。

歯科医院での治療は、原因を解消する治療と痛みなどの症状を緩和する治療を症状に応じて組み合わせて行われます。

咬合治療

かみ合わせが顎関節症の原因なのか結果なのか、その関係はまだわかっていないとされている。

かみあわせの異常が原因となっていてそれを取り除くことにより症状の改善が見込める場合には、初期段階ではごく簡単な噛みあわせの治療を行い、治療の最後に最終的な噛みあわせの治療を行う。

スプリント療法

スプリントという歯列を覆う装置を装着することで顎関節や筋肉への負担を軽くして歯ぎしりや食いしばりの害を緩和する。

薬物療法

痛みが強い場合に薬で炎症を鎮めたり、筋肉が痛みで固まっている場合に筋弛緩剤を用いたりする。また夜間の歯ぎしりや食いしばりを抑えるために入眠剤、痛みの軽減のために抗不安薬、抗うつ薬を使用する場合もある。

<<2013年6月>>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30