お口に関する話

お口の健康維持: 2013年5月アーカイブ

Q歯の痛みというと、まず思いつくのがむし歯。私もむし歯、経験しました。ご飯もおいしくない、仕事も集中できない。あの痛み、もうどうしようもないですよね......。そもそもどうしてむし歯になると痛むの?
Aむし歯の痛みは、甘い物がしみたり、食べ物が挟まった時の痛みによるもの。この痛みは、歯の中の血管や神経が充血したり化膿したりして圧力がかかることでひどい痛みになることが多い。
Qむし歯になった歯、痛みを忘れる時がある。このまま放っておいたら治るかも?先生のところに行かなくても大丈夫かも?と思うこともある。治療しなくても痛くなくなることがあるの......?
Aむし歯が進行して歯に大きな穴が空いて血管や神経が露出すると、ひどい痛みだったのが一旦痛くなくなり、食べ物がそこに触れた時だけ痛い状態になることもある。これは治ったわけではなくて症状が進んでいるだけ。Q:やはりむし歯は勝手に治るものではないんですね!気付かない間に進行しているなんて怖い......むし歯かな?と思ったらすぐに治療が必要ですね!
Qさて、歯自体の痛み、他に"知覚過敏"が考えられるそうですね。冷たい物がしみるイメージだが、実際はどんなもの?
A昔は歯の磨きすぎが原因といわれていたが、最近では歯ぎしりにより痛みが起こるといわれている。
Q歯ぎしりで痛みが起こる?どうして?
A歯と歯ぐきの境目辺りに、その力が集中しエナメル質の表面が割れて剥がれることが原因。急に冷たいものにしみたり、歯を磨いた時にしみたりすると知覚過敏のことがある。
Qむし歯や知覚過敏と歯自体が痛む場合についてお聞きしたが、ここからは歯ぐきの痛みについて。歯周病が多い?
Aはい。歯ぐきが磨けていないことで炎症が起こる歯周病は、歯石が付くと炎症がもっと深い所に起きて重症化していく。歯自体の痛みは、圧力がかかることで痛みが出るが、歯ぐきは少し位腫れても圧力がかからず、痛みが出にくい。
Q痛みが出にくいということは、放置しておくと重症化しやすい?
Aはい。さらに、歯周病の細菌は痛みを感じさせなくする毒素を出すため、ひどく腫れてから痛みを感じて気付くことが多い。この痛みは最初は鈍くて重い感じの痛みであることが特徴。
Q予防法は?
A歯石を歯科医院で定期的に取って、丁寧に磨くのが重要。
Q歯ぐきが痛む原因、他にもありますか?
A歯の根の先が化膿して痛むことがある。これは、むし歯がひどい場合に、神経を取ったまま放置するとできることが多く、骨の中が化膿するので圧力がかかり、痛みになることが多い。最初は重い痛みで、ひどくなるとズキズキする痛みになることもあります。更にひどくなると、骨を溶かして歯ぐきの方まで腫れることもあり、そうすると痛みが楽になって治ったように錯覚するが、これもむし歯と同じで症状が進んでいるだけ。
Q歯の根元が化膿するなんて知らなかった......。歯周病と歯の根元の化膿、痛みの違いは?
A両方ともに物を噛んだ時に痛みが出ますが、歯周病は歯を横から叩くと特に痛い。歯の根元の化膿による痛みは、縦に叩いた方が痛くなる。
Q歯の痛み、自分では何が原因でどこが痛んでいるのかハッキリとは分かりにくいもの。痛みが出たら、まずは歯科医院を受診するのがいいですね?
A歯の痛み、歯の回りの痛みは放置せずに歯科医院の早めの受診と定期的な健診が良い。今日お話しした以外にも親知らず・口内炎・あごの関節による痛みなど、痛みの原因はいろいろと考えられる。痛みは身体からの何らかのSOSなので放置せずまた、素人判断をせずに早めに歯科医院を受診して欲しいと思う。