長野県歯科医師会
長野県歯科医師会 長野県歯科医師会 home サイトマップ このサイトについて 長野県歯科医師会
長野県歯科医師会

8020推進員だより 第1号

                       発 行:長野県歯科医師会
                       発行日:平成17年3月4日
          
〜8020推進員育成研修会が開催かれました〜
  8020運動(80歳になっても丈夫な歯を保ち、健康長寿を延ばす)を地域の中心
 となって拡大・推進して頂く「8020推進員」の平成17年度認定研修会が、
 県下11会場で開催され、385名の皆様が8020推進員として認定されました。
 研修では歯を健全に保つことの意義を様々な角度で再認識して頂けたのではないでしょうか。
 今後は「8020」の重要性を皆様方の職域活動と併せ、伝えて頂きたいと思います。
  
 8020推進員育成研修会開催結果
     保健所      月    日    曜      場       所      受講者数
      
      長野     10    28    木        長野保健所         32
      北信     10    29    金        飯山合同庁舎       53
      上田     11    11    木        上田小県歯会館     33
      松本     11    11    木        松本市合同庁舎     49
      大町     11    16    火        大町合同庁舎       35
      佐久     11    17    木        佐久保健所         45
      飯田     11    17    水        飯田合同庁舎       21
      木曽     11    18    木        木曽合同庁舎       35
      諏訪     11    18    木        諏訪合同庁舎       26
      長野市   11    25    木        長野市保健所       24
      伊那     11    30    火        伊那合同庁舎       32
 
                                             合計      385人



〜8020推進員活動記録について〜
 研修の当日に使用しましたテキスト(19頁以降)に、8020推進員としての「活動記録」
があります。記入例も記載されていますが、どんなことでも構いませんので、8020に関する
活動を記録して、是非4月末までに長野県歯科医師会までお送り下さい。

〜「歯っぴーながの8020推進県民大会」開催のお知らせ〜
 21世紀の長野県民の歯科保健推進のため、8020運動を展開している各団体と一体となり、
<進めよう「食と歯の健康づくり」をテーマに「歯っぴーながの8020推進県民大会」が
平成17年6月9日(木)、13時30分より長野市若里市民文化会館で開催される予定です。
記念講演では東御市在住でNHKきょうのお料理などでご活躍の料理研究家、山本麗子先生の講演も
予定されています。日程の詳細等につきましては改めてご案内させて頂きます。
また、当日午前中には8020推進員研修会、連絡協議会および体験学習コーナーなどを計画致しております。
出来るだけ多くの推進員の方々のご参加をお待ち致しております。


@ 平成16年度 県民よい歯のコンクール(高齢者の部)優秀賞受賞の方から

  平出 利男さん(80歳)



 *歯が綺麗だと誉められたとき、どんなお気持ちでしたか。
  
   何より嬉しく思います。乳歯のとき、むし歯の痛さが身にし 
  みたので永久歯になったら絶対むし歯にしないと心に誓いま
  した。戦時中は栄養も衛生環境もひどかったがむし歯になら
  ないよう注意しました。

 *食事は楽しいですか。

   最高です。何でも噛める事で楽しいです。

 *歯の健康管理で努力していることは何ですか。

   朝夕の手入れ。歯に良い食品を摂るように心がけている。
  また、年2〜3回歯科健診と歯石の除去をしていただいている。

 *ご家族で歯の健康について何か話題になることはありますか。

   同じ家族でも歯の丈夫な者とそうでない者とありますので、
  互いに注意し合っております。

 * ありがとうございました。



〜広丘小学校での8020運動の展開〜

 平成16年10月5日に塩尻市広丘小学校で開催されました
「第31回長野県学校歯科保健大会」に参加する機会があり、公開授業で「8020」を
テーマで授業を参観しましたので、その一端を紹介します。  8020を実際に達成した82歳の女性がゲストとして招かれ、
大正・昭和・平成を生き抜いた生活体験に加え食生活や口腔ケアに対する考えを児童を前にして発表した。
8020達成者の実践に基づいた話にであったため児童の受けた口腔ケアに対する認識は一段と
深まったに違いない。8020の概念が小学校教育の場で展開されていることに 感動と驚きを感じた。このような環境で8020の重要性が幼少期にインプットされることは、
将来8020達成率を大いに増加させることに間違いと考えさせられた。
今後、8020推進員の皆さんが8020重要性を認識いただき、 地域住民ひとり一人に着実に広げ、県民全体の健康増進に繋がって行くことをご期待申し上げたい。
Back
 


Copyright(C)Nagano Dental Association All Rights Reserved.