長野県歯科医師会
長野県歯科医師会 長野県歯科医師会 home サイトマップ このサイトについて 長野県歯科医師会
長野県歯科医師会
自分の歯を大事にしよう!8020運動

8020運動とは?

8020運動は、高齢社会において80歳という長寿に達しても20本以上の自分の歯を保つことによって豊かな食生活を通して、健康で幸せな日常生活を送ることを目指した運動です。
残存歯数が20本あれば、ほとんどの食品の咀嚼が容易であるとされています。8020運動の精神は生涯自分の歯で食べることが健康な生活を送る上で、どんなに重要であるかを認識していただくことにあります。特定の疾患や特定の年齢層を対象とするのでなく「生涯を通じた歯の健康づくり」のための運動です。
8020運動は最終的に歯の喪失を防ぎ、生涯自分の歯で食べることを通して、満足のいく食生活を送り、日常生活での満足感、幸福感、安心感などの「生活の質の向上」(QualityofLife:QOL)を求める運動です。


8020運動ロゴマーク

8020運動のロゴマークは、日本歯科医師会の対外PR活動において8020 運動を推進していくためのシンボルとして、1992年から用いられています。作者 は日本歯科医師会会員で画家でもある大阪市の額田晃作先生です。
(日本歯科医師会「8020運動の推進について」平成8年2月より)


8020運動推進特別事業活動

生涯にわたり心身ともに健康で豊かな生活を送るためには、お口の健康が大切な要素となります。そのお口の健康を向上すべく歯科医師会では「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」をスローガンとする8020運動を提唱し、その達成に向けて努力しています。本年度はこの運動に対し、国から各都道府県に予算が割り当てられ、長野県歯科医師会も長野県からの委託を受けて「8020運動推進特別事業」を行っています。

●目的
本県の歯科の現状は、園児・児童・生徒等の若年層では改善が見られるものの、成人においては健康な歯の本数が減少していることから、8020運動の普及啓発を行うとともに、歯科保健事業を円滑に推進するための体制の整備を行います。

●これまでの事業内容
・正しいブラッシングの習得を通じ、成人期に見られる歯科保健意識の低下を防ぐ。
・事業所、各歯科診療所、イベント会場などで街頭で歯垢染色錠・歯ブラシ等を配布
・歯と健康についてのイベント開催
全身が健康であるためには、歯の健康が不可欠であることから、
歯と健康、とりわけ運動における歯科健康の必要性をテーマとしたイベントを開催。
・アンケートの実施、集計により、8020運動パンフレットの作成


戻る



Copyright(C)Nagano Dentist Association All Rights Reserved.