長野県歯科医師会
長野県歯科医師会 長野県歯科医師会 home サイトマップ このサイトについて 長野県歯科医師会
長野県歯科医師会
家庭の医学辞典


虫歯は病気
虫歯はプラーク(歯垢)が原因

汚れた歯の表面を爪の先でひっかくと、ネバネバした白いものが付着してきます。 これが「歯垢」と呼ばれるもので、専門家は「プラーク」といっています。食べかすとは異なり、 プラークは口の中のある種の細菌がつくったもので、その中には無数の菌が生きています。

ところで、このプラークをつけたままにしていると、どうしてむし歯になってしまうのでしょうか。 いくつかの細菌がむし歯を発生させるのですが、 その主犯はストレプトコッカス・ミュータンスと呼ばれる連鎖球菌です。 この「ミュータンス菌」は、砂糖を好んで食べ、 デキストランというネバネバした水に溶けにくい物質をつくりだして歯に付着させます。 ここに歯を溶かす酸を産出する細菌がすみついてできたのがプラークです。つまり、 プラークは「細菌の塊り」というわけで、1グラムあたり約2500億もの細菌がいるといわれています。

このプラークは、うがいをしただけではとれません。放っておけば、 どんどん成長して歯の表面にたまっていきます。そして細菌たちは、 プラークの中の糖分を次々と分解してギ酸や乳酸などの酸をつくりだします。 やっかいなことに歯の表面に近いところで多く生産され濃縮までされるのです。

こうなれば、ダイヤモンドの次に硬いエナメル質といえども、 ひとたまりもなく溶けてしまいます。 溶けて穴があいたところに細菌を含んだプラークが侵入してまた溶かす?。 このように、むし歯は、ミュータンス菌を主犯とする口の中のバイ菌がつくったプラークによって、 ひき起こされ進行するというわけです。





むし歯をつくりだす要因には、次の4つが考えられます。

①むし歯のできやすい歯(歯のもつ悪い条件)
②プラークをつくりやすい食品(特に砂糖)
③むし歯をつくる細菌(ミュータンス菌)
④時間の経過

図に示されているように、この「4つの条件」が重なるとむし歯ができます。 プラークの原料となる砂糖を多く含む食品を食べると、 それが口の中にいる細菌(主犯格はミュータンス菌)によって分解されてプラークをつくり、 これを歯に付着したまま長時間経過すると、歯が溶けだしてむし歯ができてくるというわけです。 逆にいえば、この4つの条件のどれか1つを欠くと、むし歯になりにくいということができます。 理屈で考えると、むし歯予防はそれほどむずかしいことではないようにも思われます。

むし歯予防とは、この4つの条件への対応策を知り、それを毎日実行することにほかならないのです。



むし歯の進行と症状

むし歯は、プラークが付着している歯の表面で、歯質が溶けだすこと(これを脱灰現象といいます) から始まります。多くはプラークが付着しやすいところ、すなわち、①歯の咬む面(咬合面) にある深い溝 ②歯と歯の間(隣接面) ③歯と歯ぐきの境目(歯頸部)から発生します。

エナメル質が溶けて小さな穴があくと、そこにプラークがたまりやすくなり、 むし歯の進行が早くなります。そして、エナメル質と象牙質の境目まで進むと、 そこで急速に大きく広がり、入り口は小さな穴でも歯の中では大きなむし歯がつくられてしまいます。 こうして象牙質の支えを失ったエナメル質は、やがてくずれてしまい、このときになって初めて、 大きな穴を発見して、むし歯になっていることを自覚するというわけです。

冷たい水や空気にしみる、などの症状も出てきますが、これはかなり進行している状態といえるでしょう。 このまま治療を受けずに放置しておくと、プラーク中の細菌は、 神経や血管が入っている「歯髄」(「神経」といっているところ)までおかすようになり、 熱いものにもしみる、痛くて眠れない、などの激しい症状が現われてきます。 このとき歯髄は化膿している状態ですが、やがて何日かすると痛みはおさまり、 一見治ったかのように思われがちです。しかし、これは歯髄が腐って死んでしまったからで、 けっして治ったわけではありません。恐ろしいことに、このままにしておくと、 細菌は歯の根の先端から骨の中に侵入し、歯のまわりの骨を溶かし始め、 やがて大きな膿の袋をつくってしまうことがあります。また、歯は根だけになってしまい、 多くの場合その治療が困難なので抜歯せざるをえなくなってしまいます。

いずれにしても、カゼなどの病気とは根本的に異なり、 「むし歯は自然に治るということが絶対にありえない」ということを、 ぜひ肝に銘じておいていただきたいと思います。


むし歯を防ぐには

むし歯をつくりだす要因には4つあることを前に説明しました。 この4つの要因をシャットアウトすれば、むし歯を防げることになるわけですが、 具体的にはどういうことなのでしょうか。



①プラーク(歯垢)がむし歯の原因なのですから、まず、これをつくりにくくすればよいことになります。具体的には、「規則正しい食生活」をし、食べる量・時間・回数をきっちりすることです。また、むし歯になりやすい人の場合や小児期には、砂糖の量を制限することも必要です。ミュータンス菌を殺してしまうことも考えられますが、現実的には不可能です。むし歯予防ワクチンも、その開発が望まれるところですが、今の段階ではまだ実現できていません。

②歯の表面に付着したプラークを歯ブラシで完全に除去すること、すなわち「歯磨き」です。 プラークが長時間つかないようにすることが大切で、「食べたらすぐ磨く」ことが重要です。

③プラークの攻撃から歯を守るために、「フッ素塗布」や「うがい」も有効です。 フッ素は、歯のカルシウムに結合して歯質を強化しますが、絶対的なものではありませんから、 その点注意が必要です。また、むし歯になりやすい歯の溝をあらかじめプラスチックなどで 埋めておく方法もあります。




戻る


Copyright(C)Nagano Dental Association All Rights Reserved.